Pintabest(ピン食べスト)

ラーメン・カレー・カフェに居酒屋、リーズナブルな所に行ってます。

ハンバーグ?いいえ、つくねです よね田【西荻窪】

仕事終わりでは入るのが難しそうな居酒屋があり、会社を休んで行ってきました。

目的地は西荻窪

数年前までは、近くの吉祥寺や荻窪、阿佐ヶ谷、高円寺と比べると、地味なイメージだと個人的には思っていましたが、お酒を飲むようになってからは、とても魅力的な街であることに気づきました。

 

今回の目的地はこちら。

 

よね田

こちらの写真は帰る時に撮りました。

訪問時間は開店時間の16時。

先客1名で、2番目に入りました。

1階と2階があり、1階はカウンターのみ。

室内と写真のような屋外のカウンター席があります。

2階は見れてないのですが、座敷のテーブル席のようです。

 

メニュー

串物がメインのお店です。

飲み物のお値段は普通ですが、食べ物のお値段はリーズナブルですね。

 

こちらのオススメメニューはつくねです。

つくねは最初に頼まないとダメみたいです。

なぜかは、後でご説明します。

 

宴開始

とりあえず、生。

 

牛ハツ刺。

 

プリップリです。

これで280円とは格安。

 

牛すじと大根の煮込み(小)。

ミニ丼に山盛りです。

これで、小です。

とろっとろの牛すじに、大根、厚揚げ、油揚げが入ってます。

 

鶏レバーの炙り。

中身がとろ〜っとしてます。

 

正肉と特上ホルモン。

 

串物2皿、串にびっしり刺さっています

びっしり刺さっているので、串の手で持つところがあまり残っておらず、手が油でベトベトになります。

 

ラムハイ。

 

ウコン割り。

 

メインのつくねの登場!

つくね(タレ)、トッピング目玉焼き(ゴマ油)。

 

ハンバーグのように巨大です。

串が4本使われています。

 

目玉焼きの焼き加減もいい感じです。

表面をガスバーナーで炙っていました。

 

うまくいかない…

 割り方が下手くそですが、この黄身がつくねに合います。

 

 中はお肉がびっしり。

ふわふわつくねではなく、お肉がっつり系のつくねです。

 

こちらのつくね、焼き上がりに30分〜40分かかるそうです。

なので、最初に注文しないと提供が遅くなってしまうようです。

これだけ巨大であれば、焼くのに時間かかりますよね。

 

これだけで巨大なのに、つくねのお値段は210円。目玉焼きは100円。

2つで310円とは、かなりリーズナブル。 

 

まとめ

つくねは注文必須です。

食べきれる量を頼んだつもりでしたが、こちらの食べ物はボリューム満点で、ちょっと残してしまいました。

頼む量を少なめにした方が良さそうですね。

お店は人気店のようでして、17時前には満席でした。

平日なのに、どういうこと?

 

居酒屋2016 (柴田書店MOOK)

居酒屋2016 (柴田書店MOOK)

 

 

昼ベロ酒場 東京編 (タツミムック)

昼ベロ酒場 東京編 (タツミムック)

 

 

関連ランキング:焼き鳥 | 西荻窪駅