読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Pintabest(ピン食べスト)

良いものがあったら、心の中にピンしてください。

うなぎ界のラーメン二郎に行ってきた うなぎ和友【新小岩】

うなぎをたらふく食べられるお店へ行ってきました。

 

場所は新小岩

新小岩といっても、徒歩では厳しい場所。

公共交通機関は、バス。

船堀からも行けますが、同じくバスでないと厳しい場所。

 

うなぎ和友

江戸川区役所の近くにあります。

駅からのアクセスが悪い場所ですが、平日11:40到着で外待ちが十数人いる状態でした。

約1時間後に、店内へ。

 

メニュー

うな重が3700円、うな丼が2900円と、ランチとしては高い価格帯ですが、うなぎだと平均価格。

 

おつまみ系の夜メニューもありますが、昼でうなぎが売り切れることが多く、夜営業していないこともあるみたいです。

 

今回は、うな重を注文。

焼き上がりを待つ間用に、ビールを。

 

うなぎ界の二郎ですね

ビールを飲みながら待つとしましょう。

お通し付きです。

 

10分ほど待つと…

 

 

蓋が閉まりきっていません(^^;)

 

蓋を開けると…

なんじゃこりゃ~

 

どんだけ重なっているんだ~

 

うなぎが何と、2尾と1/4入っているとのことです。

うなぎマシマシです

 

他にも、

肝吸い。

 

お新香。

 

うなぎの定番の品も付いています。

 

うなぎは、ふんわりしていて、ホロっと崩れます。

 

ごはんもお重にいっぱい詰め込まれていて、食べ応えがあります。

小食の方は、ごはん少な目にした方がいいですね。

 

完食出来たのですが、お腹いっぱいで、遠いと思った新小岩まで歩いて行きました(笑)

 

まとめ

先日、近所のスーパーにて1尾2000円でうなぎを購入したのですが、それで比較すると、かなりリーズナブルだと思います。

近年のうなぎ価格が上昇しているのに、この価格で提供してもらえるのは、かなり貴重なお店だと思いました。

1時間待ってでも食べたいお店です。

 

ウナギと人間

ウナギと人間

 
日本うなぎ検定: クイズで学ぶ、ウナギの教科書

日本うなぎ検定: クイズで学ぶ、ウナギの教科書

 

 

関連ランキング:うなぎ | 新小岩駅