Pintabest(ピン食べスト)

良いものがあったら、心の中にピンしてください。

うどん?そば?迷ったら両方いっとけ。武蔵野うどんの甚五郎

 

東小金井に武蔵野うどんが食べられる甚五郎というお店があり、何度か通っております。

 

 武蔵野うどんとは…

一般的なうどんよりも太く、色はやや茶色がかっている。加水率は低く塩分は高めである。コシがかなり強く、食感は力強い物でゴツゴツしている(つるりとはしていない)。

食するときには麺は、ざるに盛って「ざるうどん」もしくは「もりうどん」とする。

つけ麺の汁は、かつおだしを主とした強い味で甘みがある。

シイタケゴマなどを具として混ぜたものを、温かいまま茶碗ないしそれに近い大きさの器に盛る。

ねぎや油揚げなどの薬味を好みで混ぜ、汁をうどんにからませて食べる。豚肉の細切れを具にしたメニューの「肉汁うどん」などは明治時代中期以降の食べ方で、商業化された「武蔵野うどん」の店舗では「肉汁うどん」「きのこ汁うどん」が「武蔵野うどん」であるかのように近年売り出しているが、「武蔵野うどん」とは武蔵野地方で「手打ちうどん」と呼ばれるコシの強いうどんの麺を指す用語である。

引用 - Wikipedia

有名なさぬきうどんと比べると、かなり固くて、あまりつるつるしていません。

 

東小金井駅の駅近にあります。

 

メニュー(一部です)

武蔵野うどんの代表的な食べ方である、肉汁うどんを先頭にざるうどん系が多くあります。

これら以外にも多数メニューがありました。

おつまみメニューも多かったですね。

 

こちらのお店の良いところは、そばも食べられるところ。

武蔵野うどんだけでも美味しいのですが、味の変化としてそばも食べらるのが良いです。

私の注文は、肉づけの合盛

うどんもそばも、両方味わえます。

初めて武蔵野うどんを食べる方は、豚肉の入った肉汁うどんを選んでおけば間違いないでしょう。

 

実食

 

メニューにも書いてあるのですが、こちらの普通盛りは600gあります。

他店の大盛りクラスです。

うどん単体であれば、けっこうキツいのですが、そばがあると意外と平気です。

つるつる食べることが出来ました。

つけ汁は、薄切りの豚肉がいっぱい入っており、柔らかく煮込まれたネギが入っています。

味付けは少し濃いめですが、食べ進めていくうちにいい感じに薄まります。

 

まとめ

武蔵野うどんが売りのお店ですが、そばもリーズナブルにいただけるため、うどんかそばに迷った時に使えるお店だと思います。

また、東小金井というマイナーな駅(駅の自動改札にここは武蔵小金井ではないと書いてある)ですが、他にも行列店があり、個人的には隠れたグルメスポットであると思っております。

関連ランキング:うどん | 東小金井駅新小金井駅