Pintabest(ピン食べスト)

ラーメン・カレー・カフェに居酒屋、リーズナブルな所に行ってます。

ふじ酒場でせんべろ出来るメニューを考えてみた。

最近話題のふじ酒場に行くことが出来ました。

r.gnavi.co.jp

 

近所に富士そばが出来たので、前を通るとふじ酒場のちょうちんが!

京王井の頭線の浜田山駅からすぐです。

▼ふじ酒場キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!


話題の店舗が近所に出来るのは、嬉しいですね。
とりあえず、2回行っときました。(2回とも、部屋着です。)
その気になれば、毎日行けるんですけどね。

 

メニュー

富士そばではお馴染みの券売機。(1回目に撮った。)

富士そばは、店舗によってメニューが違いますね。

 

実食(1回目)

▼0時過ぎに行っちゃいました。せんべろの予定で。

 

とりあえず、生ビールを。
240円と格安ですね〜
天ぷらを食べたかったのですが、券売機には✖️が…
かつ煮にしておきました。
こちらも200円と格安。

カウンターで食券を手渡す。

食券を渡す時に分かったのは、天ぷら系は現金でもOKということ。

出てくるまで、少し待ちました。

 

▼生ビール。

クリーミーな泡で、美味いです!

 

▼かつ煮。

カツが4切れ、だしが少ししょっぱめでした。

でもそれが、ビールに合う。

 

▼生ビールおかわり!

周りで飲んでる人がいないので、〆のメニューを。

 

▼天ぷらそば!

天ぷらをつまみに飲むという目標で行ったのに、注文システムが分からず天ぷらお預け状態だったので、迷わず天ぷらそばを選択。

久しぶりに富士そばのそばを食べたのですが、意外とコシがあって、ビックリしました。

この日のお会計。

生ビール240円×2、かつ煮200円、天ぷらそば410円、合計1090円

せんべろ失敗!

天ぷらの誘惑に負けました…

 

実食(2回目)

1回目と同じで、生ビールからスタート。

 

▼生ビール。 

 

この日のおつまみは、前回おつまみとして食べられなかった、天ぷら達。

この時ビックリしたことが。

前回食べた天ぷらそばの上にのっていたもの、あれってかき揚げって思っていたのですが、富士そばでの正式名称は天ぷらなのです!

券売機にも、天ぷらと記載されていました。

 

その天ぷらちくわをつまみにしました。

そばつゆをかけるか聞かれたので、かけるようにお願いしました。

ちくわの衣がベチャベチャ(そばつゆは関係ないです。)していて、あまり美味しくなかったですね。

 

お酒2杯目。

ハイボール

ハイボールも生ビールと同じ240円。

 

▼〆に大もり。

ずずずっといただき、蕎麦湯でそばつゆを完飲。

この日のお会計。

生ビール240円、ハイボール240円、天ぷら110円、ちくわ110円、大もり400円、合計1100円。

せんべろ失敗!

大盛りに負けましたw

 

おすすめせんべろメニュー

アルコールを2杯。

天ぷら、コロッケ、ほうれん草おひたしの中から2品。

かけそばか、もりそば。

 

上記のメニューだとせんべろ出来ます。

コロッケとほうれん草おひたしは食べてませんが、多分美味しいはず。

 

まとめ

今回行った店舗は、浜田山店になります。

他の店舗だとアルコールが280円で、おかわりが200円みたいですね。

メニューも違うので、店舗によって楽しみ方が変わってくると思います。

関連ランキング:立ち食いそば | 浜田山駅西永福駅