読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Pintabest(ピン食べスト)

良いものがあったら、心の中にピンしてください。

スタバのコーヒーセミナーに参加しました

近所のスタバで、VIAを使ったコーヒーセミナーに参加してきました。

 

VIAとは(簡単に)

メインがVIAなので、VIAの説明をしていただきました。

  • 2010年に発売。
  • 粉末状のスティックコーヒー。
  • 開発に20年かかった。
  • VIAと言う名前の由来は、開発者のバレンシアさんという方の文字を使った。
  • 2016年6月現在、7種類
  • 抹茶は日本限定

 

コーヒーについて

コーヒーの主な生産地域

 

コーヒーの実から豆を取り出す方法

  • 水洗式
  • 乾燥式
  • 半水洗式

これらの方法の違いによって、味が変わるとのこと。

 

 

飲み比べ

コーヒー豆から淹れたものと、VIAで淹れたものの飲み比べをしました。

種類はイタリアンロースト。

 

コーヒー豆は、コーヒープレスにて。

 

【正規品】BODUM ボダム KENYA フレンチプレスコーヒーメーカー,0.5L 10683-01J

【正規品】BODUM ボダム KENYA フレンチプレスコーヒーメーカー,0.5L 10683-01J

 

 

VIAは、お湯に溶かす。(奥)

 

テイスティングはこんな感じで。

 

左がVIA、右がコーヒープレス

 

同じイタリアンローストでも、コーヒープレスの方が濃かったです。

VIAの方は、すっきりした感じ。

味比べをした感想は、大きな違いはない

 

VIAの抹茶を飲む

冷たい牛乳に溶かします。

 

ミルクフォーマーでかき混ぜる。

 

ハリオ クリーマーキュート CQT-45

ハリオ クリーマーキュート CQT-45

 

 

スタバの抹茶系を初めて飲みましたが、すっきりとした甘さですね。

抹茶の苦味がない

もっと早くから飲んでおけば良かったと後悔…

 

アレンジ方法として、フローズンドリンクメーカーを使います。

 

 

フローズンに変化。

 

シャリシャリしてます。

参加者の方からは、抹茶フラペチーノみたいとの声が出てました。

フラペチーノは、お店では秘密のシロップを入れているとのことで、家庭では再現できないとのこと。

VIAでフローズンドリンクメーカーを使用すれば、再現できるという結論に。

 

ちょっとした雑談

今回のコーヒーセミナーは、スタバのサイトに出ているコーヒーセミナーではありません。

コーヒーセミナー | スターバックス コーヒー ジャパン

各店舗オリジナルのイベントを開催できるとのこと。

 

まとめ

こういったイベントに参加すると、店員さんや他のお客さんとの距離が近くなりますね。

よく行くお店のイベントに参加すると、通うのが楽しくなりますね。

また、参加します。

 

スタバではグランデを買え!―価格と生活の経済学 (ちくま文庫)

スタバではグランデを買え!―価格と生活の経済学 (ちくま文庫)