Pintabest(ピン食べスト)

良いものがあったら、心の中にピンしてください。

豆の違い、自分の好みの認識が出来たイベント COFFEE COLLECTION(コーヒーコレクション)

七ブ侍、2回目のあかあか(@akaakaryu)です。

f:id:akaakaryu:20160410161622j:plain

 

コーヒー好きにはたまらないイベントに行ってきました。

 

 COFFEE COLLECTION(コーヒーコレクション)

coffeecollection.tokyo

神保町駅からすぐの場所にある、神田錦町テラススクエアにて、4/23(土)と4/24(日)の2日間のみ開催されるコーヒーのイベントです。

 

有名コーヒー店が、各日5店舗ずつ出店。

 

私は2日目に行きました。

 

会場はこんな感じ

建物の外から。

アウトドアグッズのお店や本屋が出店していました。

 

入り口を入ったところ。

各お店のカップが並んでしました。

 

植物など。

 

会場内は混雑。

 

私は事前に5店舗の飲み比べチケットを購入していたので、別ルートで会場内へ。

 

飲み比べチケット

入り口の片方の扉の方から会場内へ。

 

開場してから30分後ぐらいでしたが、並びました。

 

並んでいる時にスタッフさんにPeatixアプリのQRコードを見せて、チケットを受け取ります。

 

5店舗分のコーヒーは、これから出ていました。

 

渡してくれた方は、お笑い芸人のコーヒールンバの平岡さん

会場内のスタッフさんからは、ひらぴんと呼ばれているみたいです。

ameblo.jp

私も含めて、渡すお客さん全員に、簡単な説明していました。

 

こちらが飲み比べセット。

お値段は1000円。

各お店の豆の説明や、味(フレーバー?)の説明が書いてあります。

 

コーヒーと言っても、豆によって全然味が違うことが分かるセットでしたね。

苦味が強いものや酸味が強いものを比べることが出来ました。

色も違いましたね。

 

これを飲んで、お気に入りの味を見つけるのが、このセットの目的なんでしょうね。

私は酸味が強いものが好きなので、グリッチのケニヤが気に入りました。

解説にドライトマトと書いてありましたが、まさにドライトマトでしたね。

 

この味と対照的なのが、スロージェットコーヒーのマンデリンでした。

苦味が強かったです。

 

飲み比べが終わったところで、各お店のをいただくことにしました。

 

SLOW JET COFFEE(スロージェットコーヒー)

www.slowjetcoffee.com

北千住駅の方にあるお店ですね。

 

豆も売っています。

 

ドリップコーヒーは、マンデリンレイクタワール

 

丁寧にドリップしているので、待ち時間は長めです。

 

マンデリンです。

苦味が強く、チョコに近い味。

甘いものが欲しくなる味です。

 

GLITCH COFFEE&ROASTERS(グリッチ コーヒー&ロースターズ)

飲み比べでお気に入りとなったお店です。

goodcoffee.me

会場近くのお店です。

 

豆、買っちゃいました。

 

お湯の温度は、86℃とのこと。

 

お湯を注いだ後、かき混ぜていました。

粉の壁を崩さずにお湯を注ぐのがよく聞く淹れ方ですが、その入れ方は深煎りの豆の淹れ方とのこと。

グリッチの豆は浅煎りのため、壁を崩さない淹れ方だと、まずくなるとのこと。

なので、壁を残さずにかき混ぜる淹れ方とのこと。

 

教わった淹れ方のポイントは、

  • 浅煎りは、粉をかき混ぜて(壁を崩す)淹れる。
  • 深煎りは、粉の壁を崩さずに淹れる。粉の壁がフィルターの役割。
  • 各豆、逆の淹れ方をするとまずくなる。

 

ケニヤです。

酸味が強く、ドライトマトの味でした。

苦味がなく、コーヒーが苦手な方でも飲めるかと。

冷めても美味しいコーヒーとのことで、後半は冷まして飲んでみましたが、フルーティーなのが強まった感じでした。

 

まとめ

コーヒー豆の違いや、自分の好みを認識することが出来たイベントでした。

新しいお店を知るきっかけにもなりましたね。

 

明日、月曜日の担当は、イロトリドリこっこさん@cocco00)です。