Pintabest(ピン食べスト)

ラーメン・カレー・カフェに居酒屋、リーズナブルな所に行ってます。

ミート矢澤の隣にある揚げもの屋、あげ福

五反田にある、あげ福というお店に行ってきました。

このあげ福、ハンバーグで有名なミート矢澤の隣にあり、肉と言えばヤザワミートと言われる、ヤザワミート系列のお店なのです。
 
ランチタイムの開店10分前に到着し、待ちは1名のみ。
ミート矢澤は、同時間帯で待ちは約10人でした。
 
待っていると、店員さんからメニューが手渡されました。
 
店内はカウンター中心で、4人掛けのテーブル席が一つありました。
 

メニュー

 

ランチタイム限定メニューがありますが、ランチにしてはやや高めの価格設定ですね。
単品メニューも高め。
 
▼期間限定メニューもありますが、こちらも高い…

 
全体的に高めの価格ですね。
 
初めてなので色々な種類が味わえる、肉ミックスを注文。
 
注文後に店員さんが他のお客さんにメニューの説明をしていて、オススメは、大きな和牛メンチカツと、極上ロースと言っていました。
私が注文した肉ミックスにも、和牛メンチ 小 が入っているので、初めての注文としては合格でしょう。
他の方の注文を聞いていると、極上ロースを注文する方が多かったです。
 

実食

▼卓上の調味料類。

 
奥から、ドレッシング、ソース、ゴマ、黒七味、爪楊枝。
 
注文後10分ほどで着ました。
 
▼肉ミックス

 
▼奥から時計回りに、チキンカツ、上ヒレ、和牛メンチ 小。

メンチが小には見えない大きさです。
 
▼豚汁

店員さんからソース類の説明がありました。
 
▼奥から時計回りに、ショウガソース、タルタルソース、トリュフ塩。

上ヒレは、トリュフ塩でとのことでした。
 
上ヒレから食べましたが、めちゃめちゃ柔らかい
塩で食べるのが分かります。
 
▼メンチカツは、中から肉汁がタップリと。

ジューシー!
 
隣のミート矢澤のハンバーグと同じお肉だと思われます。
揚げてるか、焼いてるかの違いですね。
 
チキンカツは柔らかかったですが、他の2つが美味すぎてインパクトが弱いです。
 
豚汁は入っている豚肉が大きくて、食べ応えがありました。
卓上の黒七味をかけることをオススメします。
 
ちなみに黒七味は原了郭の物なので、かなりお高いです。
ぜひかけて下さい。
 
ご飯とキャベツは、1杯おかわり可能なのです。
ご飯をおかわりしました。
 
ご飯も、お米がかなり美味しかったです。
▼外の看板に出てました。

美味しいはずです。

まとめ

ランチにしてはちょっとお高いですが、高いだけあって、美味しいです。
揚げている油が良い物なのか、衣がサラサラでサクッとしていました。
油っぽくないため、揚げものは胃もたれするという方でも食べられると思います。
次は極上ロースが食べてみたいです。
隣の大行列店のミート矢澤と比べるとかなりの穴場だと思います。
ミート矢澤のハンバーグ、あげ福のメンチカツ、同じものを焼くか揚げるかの違いだと思うので、揚げものでも良い方はあげ福へ。