Pintabest(ピン食べスト)

良いものがあったら、心の中にピンしてください。

AppleCareって、返金出来るんですよ。

AppleCare(アップルケア)の返金について。

食べ物以外の記事にも挑戦です。

 

AppleCare入りましたか?

iPhoneを購入した際、AppleCareに入りませんでしたか?

携帯キャリア独自の保証サービスに入る方もいれば、AppleCareに入る方もいると思います。

キャリアショップなどで購入すると、毎月払いになりますよね。

キャリアでのAppleCare及び保証サービス加入へのタイミングは機種の購入時のみで、そのタイミング以外だとAppleCareのみで、しかも一括払いのみになります。

今回は、一括払いしたAppleCareについてです。

 

AppleCareの保証期間は2年間

iPhoneから他の端末(iPhoneAndroid)に機種変更すると、古いiPhoneは使わなくなる方が多いと思います。

AppleCareは2年間有効ですから、iPhone購入後2年以内に機種変更しても、AppleCareの保証は残ったままです。

使わないのに保証が残ってるって、もったいないですよね?

 

AppleCareは返金出来る!

support.apple.com

上記を見ていただければ分かるように、返金できます。

 

返金手続きをやってみた

実際に返金してみました。

私の使わなくなったiPhoneは、Appleに電話してAppleCareに入ったものです。

入った時の支払い方法は、クレジットカード。

 

  1. Appleサポートに電話。
  2. ガイダンスにある、iPhoneの問い合わせ番号へ。
  3. 受付の方が出たら、AppleCareの返金の話をする。
  4. IMEIを伝える。
  5. AppleCareの契約部所に転送される。
  6. クレジットカードの会社経由での返金か、銀行口座への返金を聞かれる。
  7. AppleIDを伝える。
  8. 電話完了。
  9. Appleサポートからメールが来る。

ざっくりとした流れです。

IMEI、口座番号、AppleIDを用意しておいた方がスムーズに手続き出来ると思います。

 

Appleサポートから来たメール

 

約1年の保証が残っているAppleCareで、返金金額が約5000円です。

 

まとめ

古いiPhoneをiPodTouch的な使い方をする方は、無理にAppleCareを返金する必要がないと思います。

本当に使わない方、返金してみてはいかがでしょうか?

キャリアで入っている方は毎月払い(分割払い)なので、返金はないのでご注意を。