Pintabest(ピン食べスト)

良いものがあったら、心の中にピンしてください。

iPhone6を7800円支払って、34000円で売却したお話

割れたiPhoneがあります。

 

MNPして使わなくなったので、これを売却します。

この状態のまま売却しても、いくらにもなりません。

どうやって売却額をアップさせたかというと。

このiPhone6、AppleCareが残っていました。

 

AppleCareを使う

iPhone の画面の損傷の修理 - Apple サポート

ざっくりと。

 

  1. アップルストアGeniusBarを予約。
  2. 本体交換となる。
  3. 交換費用は税込み7800円
  4. 新品に!

 

新品ピカピカです。

7800円で新品ですよ!

箱はなく、本体のみ渡されました。

 

さあ、新品だ!

売るぞ〜!

って、その前に…

 

ネットワーク利用制限

不正に入手されたものや、分割支払い未払いのものを調べることが出来ます。

各キャリア、専用サイトがあります。

私のiPhone6は、softbank一括0円で契約したものです。

 

割れたものネットワーク利用制限を確認すると…

当たり前ですが、「◯」です。

 

次に、交換品の方を確認してみます。

「ー」という結果に。

製造番号が確認出来ないとのこと。

 

詳しくは分からないのですが、Applesoftbankとの情報のやり取りに時間がかかるという話があるみたいです。

softbankに電話すれば、「◯」にして貰えるという情報もあり、電話をしました。

MNPして解約している番号なので、担当窓口に繋がりませんでした。

自動音声で、携帯の番号を入力するもエラーメッセージという…

 

「◯」じゃないと、減額される

ネットワーク利用制限がなぜ大事かというと、じゃんぱらなどのメジャーなお店では、減額されたり、買い取り金額の一部のみ支払いで、「◯」になってからの残金支払いという面倒くさいことに。

 

マイナーな店舗によっては、普通に買い取りしてくれる

時間が経てば、「◯」になるかもしれませんが、待っている間に買取相場が変動し、買取額が下がってしまうと、損してしまいます。

マイナーな買い取り専門店に確認したところ、「ー」でも買い取りしてくれるとのこと。

 

売却

さっそく、お店に行き、SoftBankiPhone6 16GBのシルバーは、34000円で売却出来ました。

本体の製造番号と箱の製造番号が違うので、箱の有無は関係ないみたいです。

 

7800円支払い、34000円で売却。

26200円プラスです。

 

売却の時に併せて実施したのが、AppleCareの返金手続きです。

 

akaaka.hatenablog.com

 

まとめ

私と同じようなケースはあまりないかもしれませんが、AppleCareをうまく使うと良いことがあるかもしれません。

AppleCareは、携帯キャリアで分割支払せずに、アップルストアで一括払いの方がオススメです。